Androidの歩数計はどこ?ないときはここをチェック・設定方法も紹介


Androidに最初から標準機能で入っている歩数計は、実はあまりありません

一部の機種に標準機能として入っているものありますが、ない場合はアプリをダウンロードする必要があります。

無料で快適に利用できる歩数計は色々ありますが、Androidユーザーだからこそ簡単に使えるアプリがあります。

この記事では、ダウンロードのやり方や便利な設定方法をご紹介していきます。

目次

Androidの歩数計はどこ?ないときはここをチェック

Androidに歩数計が標準で入っていない場合、歩数を計測できるアプリをダウンロードすると利用できるようになります。

Googleが提供する公式アプリ「Google Fit」は、Googleアカウントを使って利用できるので、Androidユーザーならとても簡単に利用することができます。

せっかく運動をやる気になったのですから、アプリも気軽に使い始められるものが良いですよね。

Google Playストアからダウンロードできるので、ぜひチェックしてみてください。

さっそく始めてみましょう

STEP
Google Playストアからダウンロード

Google Playストアから「Google Fit」を検索し、ダウンロードします。

STEP
Google Fitを開く

Googleアカウントが表示されます。

利用者本人であることを確認し、「続行」をタップします。

STEP
基本情報を入力

基本情報の画面が出てきます。

性別・生年月日・体重・身長の情報を入力し、「次へ」タップします。

STEP
「アクティビティの記録」の設定

「アクティビティの記録」を「オンにする」をタップします。

その後ポップアップで出てくる「身体アクセスデータへのアクセス」も「許可」を選択します。

STEP
「アクティビティの目標の設定」を確認

Google Fitでは歩数だけでなく、強めの運動をした時に加算される「ハートポイント」も記録されます。

内容を確認し、「次へ」をタップします。

STEP
1日の目標を設定

「1日の目標の選択」の3つの歩数の中から、目標とする歩数を選択します。

目標を設定」が出てくるので、タップします。

STEP
初期設定が完了

これで初期設定が完了しました。

◎の中にある数字の内、小さい青の数字(画像では0歩)が歩数を表しています。

大きい緑の数字がハートポイントを表しています。

歩数計をホーム画面に設定する方法

Google Fitは、歩数計をスマホのホーム画面に設定することができます

歩数を確認するのにアプリをいちいち開くのは、正直面倒ですよね。

ホーム画面にあれば簡単に歩数を確認できるので、モチベーションアップにもつながりやすいです。

設定はカンタンです

STEP
ホーム画面にウィジェットする

ホーム画面の何もないところを長押しし、出てきた画面の「ウィジェット」をタップします。

STEP
Google Fitを選択

スクロールして「Google Fit」の上部をタップします。

STEP
3種類の表示パターンから好きなものを選択

ウィジェットは3種類あります。

好きなものを選択し、「OK」をタップします。

STEP
サイズや場所を調整する

長押しするとサイズ調整や移動ができるので、見やすい場所に動かしてみてください。

これでホーム画面への設定は完了です。

3種類の表示パターンはこちら

  1. アクティビティの目標

歩数とハートポイントが表示されます。

サイズが一番大きいので、ホーム画面で調整すると見やすくなります。

  1. データ(1つの指標) 

表示したいデータを一つ選択して表示させます。

「毎日のデータを選択」の画面で、表示させたいデータをタップします。

一番小さいサイズのウィジェットになります。

ホーム画面にある他のアプリと同じ位のサイズです。

  1. データ(複数の指標)

歩数・消費カロリー・移動距離の3つのデータが表示されます。

横長のバータイプの表示なので、存在感があって分かりやすいですね。

歩数がカウントされない場合は「設定」を確認

歩数のカウントがされていない場合、「アクティビティの記録」の設定がオフになっている可能性があります。

せっかくアプリをダウンロードしても、歩数が表示されないと困ってしまいますよね。

アプリの「設定」からの確認できますので、解説していきます。

うまく作動するよう確認してみましょう

STEP
Google Fitを開く

右下の「プロフィール」をタップします。

STEP
設定⚙を選択

右上の「設定⚙」をタップします。

STEP
「アクティビティの記録」をオンにする

「記録の設定」まで画面をスクロールする。

設定がオフになっている場合、オンに設定します。

これで歩数がカウントされれば、問題なく利用できるようになります。

歩数計の履歴を見ることはできる?

歩数計でカウントした過去の履歴は、「日」「週」「月」ごとに確認することができます。

結果を振り返ると、反省したり次の目標を立てやすくなるので、ぜひ参考にしたいですね。

自分の頑張った結果を確認できます

STEP
Google Fitを開く 

ホーム画面をスクロールして、「歩数」の項目をタップします。

STEP
1日の歩数を確認する

」の項目をタップします。

当日の歩数を1時間単位で確認することができます。

どの時間帯によく動いているかを確認する目安になりますね。

STEP
1週間の歩数を確認する

」の項目をタップします。

日曜日~土曜日までの日ごとの歩数を確認することができます。

1週間の目標を立てた場合、どの曜日が達成できてるかチェックしやすいです。

STEP
1ヶ月の歩数を確認する

」の項目をタップします。

1ヶ月のカレンダー形式で表示されます。

チェックしたい日をタップすると、その日の歩数の詳細が表示されます。

「<」をタップすると前月に戻るので、過去の履歴も確認することができます。

Androidの万歩計アプリ・無料でシンプルなもの

Androidには、Google Fitのほかにも「無料でシンプルな機能」を持ったアプリが数多くあります。

「最初からインストールされるものを使っているけど、なんだか使いづらい」

「シニア世代にも分かりやすいアプリを探している」

使いやすい歩数計アプリ2選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

歩数計-ウォーキングアプリ。万歩計の代わりに使える。

「歩数計」は、Androidで利用できる無料アプリで、歩数・消費カロリー・速度などを表示してくれます。

正確さが評判のデータは1日・1週間・1ヶ月単位で確認でき、グラフ表示もされるのでとても見やすいです。

画面の設定を種類豊富な背景テーマから選んでカスタマイズできるので、継続が楽しくなりそうなアプリです。

歩数計 - ウォーキングアプリ。万歩計の代わりに使える。
歩数計 – ウォーキングアプリ。万歩計の代わりに使える。
開発元:ITO Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

歩数計maipo 持って歩くだけ簡単シンプルなアプリ

「maipo」は、歩数・移動距離・消費カロリーなどを表示してくれる無料アプリです。

前日の歩数を表示するには、左から右にスワイプするだけ

カレンダーマークをタップすれば1ヶ月の履歴もすぐに確認できます。

操作がシンプルで分かりやすいので、シニアの方も使いやすい作りです。

メモ機能がついているので、ちょっとした日記代わりにも使える便利なアプリです。

歩数計Maipo - 人気の歩数計アプリ
歩数計Maipo – 人気の歩数計アプリ
開発元:urecy
無料
posted withアプリーチ

Androidの歩数計はどこ?まとめ

歩数計機能が最初から入っているAndroidは少なく、おすすめアプリのダウンロードのやり方や、設定を行う方法をご紹介してきました。

最後に、この記事のまとめです。

  • Androidに最初から入っている歩数計はほとんどない
  • 「Google Fit」は、Googleアカウントを使えるのでAndroidユーザーが簡単に利用できる
  • 設定や歩数履歴の確認をすることで、「Google Fit」をさらに快適に利用できるようになる
  • 「Google Fit」以外におすすめする歩数計アプリは「歩数計」「maipo」

自分が使いやすい歩数計を選んで利用できるのがAndroidの魅力です。

毎日継続するのに最適なアプリをぜひ探してみてくださいね。

目次