lineギフトの転送方法!もらったものをあげるとバレる?など詳しく紹介


lineギフトは貰うと嬉しいものですが、自分が使わないものもあったりして、いつの間にか期限切れにしちゃった。。。なんてことはありませんか?

実は、lineギフトは貰った相手にバレることなく転送することができます!

貰ったギフトの転送方法や、自分で買ったけど使わない場合にも転送できるのかなどスクショ付きで詳しくご説明していきます。

ぜひ出番が来たら参考にしてみてください。

目次

lineギフトの転送方法

人からいただいたlineギフト、自分が使わないものであれば使ってもらえる人にシェアできたらいいですよね。

lineギフトの転送方法は2つあります。

  • バーコードのスクショを送る
  • URLを転送する

どうやって転送すればいいのか、2パターンをスクショ画像付きでご説明します。

バーコードの画面をスクリーンショットを撮り、その画面を相手に送る方法

まずは1つめ、バーコードのスクリーンショットを送る方法です。

STEP
lineギフトを受け取ってスクショを撮る

lineギフトを受け取け取るをクリックし、バーコードが表示される画面をスクリーンショットで撮影します。

STEP
バーコードの形が違ってもOK

コンビニギフトやスタバのギフトによって表示されるバーコードの形は異なりますが、このように引き換えのためのバーコードが表示されている画面がスクリーンショットできていればOKです。

STEP
スクショを相手に送る

先ほどのスクリーンショットを、ギフトを転送してあげたい相手に送ります。

あとは相手が、そのスクリーンショットされた画面をお店で提示すれば通常通り使用できます。

貰ったギフトのURLを相手に転送してギフトを送る方法

次にURLを転送する方法を紹介します。

STEP
ギフトを受け取り転送ボタンをクリック

lineのギフトを受け取りバーコードが表示される画面を出し、赤丸の場所をクリックすると転送したい相手が選べます。

送りたい相手を選んで送れば、ギフトのURLがシェアされます。

STEP
line以外でも送信可能

line以外で送りたい場合には、送る相手を選ぶ画面の下に、「リンクをコピー」があるのでそこからリンクをコピーしてメールなどで転送することもできますよ。

※lineの公式を確認してみるとギフトの転送などは推奨されていませんが、上記の方法で私も実際に使用できたので、何度かこの方法にお世話になっています!

lineギフト、もらったものをあげると相手にバレる?

lineギフトのプレゼントって嬉しいですよね!でも自分が中々使わないものもあったりしますよね、、。

自分が貰って使わないlineギフトは人にあげることができ、貰った相手にそれがバレることはありません。

人からいただいたものを別の人にあげたなんてことは、知られたくないものです。

でも、lineギフトには有効期限があります。

有効期限が切れてしまうと使えなくなってしまうので、そうなる前に使ってくれる方にプレゼントできるなら嬉しいですよね!

自分用に買ったギフトも転送可能?

誕生日やご褒美などに自分のために買ったギフトや間違って購入してしまったギフトも、使用しない場合には転送が可能です。

STEP
自分用に購入

lineのホーム画面から「lineギフト」を選び好きなギフトを選んでいき、自分用に購入をクリック。

STEP
購入手続き画面にてお支払い方法を選択し、購入内容を確定する。
STEP
購入完了の画面が表示され、トークに「lineギフトお知らせ」が届く。
STEP
スクショを送る

開くと「引き換え画面を表示」が出てくるのでクリックして出てきた画面のスクショを撮ってその画面を相手に送るか、

STEP
リンクでシェア

画面右下の赤丸をクリックしてシェアしたい相手を選んでlineで送るか、リンクをコピーしてそのリンクをシェアしたい相手に張り付けて送ることでメールなどでもシェアが可能です。

人から貰ったギフトを転送する方法と同じですね!

lineギフトの転送方法まとめ

lineギフトはちょっとしたお礼にも気軽に送れてとても人気のプレゼントですが、使えずに有効期限を迎えてしまうよりは、使う方にシェアできたらいいですよね。

【今回の情報まとめ】
・lineギフトは貰った相手にバレることなく転送することができる
・「バーコードの画面をスクショして送る」か「URLをシェアして送る」方法がある
・自分用に買ったギフトも同じ方法で転送が可能

【気をつけたいポイント】
・あげたlineギフトを自分が先に使ってしまった場合送った相手は使えない

以上を踏まえてギフトを送る際に参考になれば嬉しいです。

せっかくのギフトは、有効期限内にぜひシェアハピしていきましょう!

目次