「ただ今電話に出ることができません」コールあり・なしのケース|着信拒否との違いも紹介


「ただ今電話に出ることができません」というメッセージが流れるのは、相手の電話が圏外になっているときです。

着信拒否をされているのかと不安になるかもしれませんが、いわゆる「通話をブロックする」などではありません。

地下に入っていたり、トンネルの中だったり、平地でも人ごみの中にいると、電波が繋がりにくくなり、圏外扱いになってしまうことがありますよね。

「ただ今電話に出ることができません」は、相手が圏外だったり、電源が切られているときに流れるメッセージです。

本当に着信拒否されている場合は、メッセージが違います。

コールのある、なしで「ただ今電話に出ることができません」が流れるケースと、着信拒否されているケースについて、ご紹介します。

目次

「ただ今電話に出ることができません」は着信拒否なのか

電話をかけたら「ただ今電話に出ることができません」というメッセージが流れてくることがありますね。

どういう場合に流れるのか見てきましょう。

「ただ今電話に出ることができません」コールなしですぐ流れるケース

まずは、通話コールなしで、すぐに「ただ今電話に出ることができません」のメッセージが流れてくるケースについて、見ていきます。

コールなしで流れるケースは以下のようなものです。

  • 相手のスマホが圏外になっている
  • 相手のスマホの電源が入っていない
  • 相手のスマホの電源が切れている(充電ゼロ状態)
  • 相手のスマホが機内モードになっている

コールなしで、すぐに「電話に出ることができません」というメッセージが流れるのは、相手のスマホが圏外になっているときです。

たとえば、地下やトンネルの中、山奥や標高の高い山などにいると、スマホが圏外になります。

機内モードも圏外扱いになるので、同様にコールなしでメッセージが流れます。

電源を落としていたり、充電がなくなっている場合も、コールなしでいきなりメッセージが流れます。

「ただ今電話に出ることができません」コールありのケース

次に、呼び出しコールがしばらく続いてから、「ただ今電話に出ることができません」のメッセージが流れるケースを見てみましょう。

  • 相手のスマホを呼び出している途中で、圏外になった
  • 相手のスマホを呼び出している途中で、電源が切れた(充電がゼロになってしまった)
  • 相手が手動で着信拒否をした

相手のスマホが、呼び出している最中に圏外のところに移動した場合は、圏外になった時点で「電話に出ることができません」のメッセージが流れるため、コールありとなります。

相手が途中で地下に入ってしまったり、電波状況の悪いところへ移動してしまったり、トンネルに入ってしまった、というケースが当てはまります。

呼び出している最中に、スマホの充電が切れてしまった場合も、切れた時点でメッセージが流れるため、コールありです。

手動で着信拒否とは、たとえば、バスや電車に乗っていたり、会議中だったりで、着信は確認したけれど、今は出たくないときに、相手が自分で着信拒否ボタンを押すケースです。

この場合の「着信拒否」は、タイミングが悪いという意味なので、相手から掛け直してくれる可能性が高いですが、こちらからも、時間をおいて再度かけてみても良いでしょう。

相手に履歴は残る?

相手のスマホに電源が入っていれば、電話をかけた履歴は残ります。

圏外になっていて電話は通じなくても、履歴自体は残るので、相手が着信のあったことに気づいてくれるでしょう。

電源が入っていなかったり、充電が切れていた場合は、履歴も残りませんが、相手が「着信お知らせ機能」を使っていれば、着信があったことをSMSで伝えてくれます。

SMSには着信日時と電話番号が記されているので、相手が折り返してくれるかもしれません。

着信拒否されていたらどんなメッセージが流れる?

電話番号自体を着信拒否されている場合は、スマホ側で設定しているか、キャリアのサービスを使って設定しているかで変わります。

流れるメッセージは、androidかiPhoneか、あるいはキャリアによって少しずつ違っていますが、上記と同じ「電波の届かないところにいるか、電源が入っていないため、ただ今電話に出ることはできません」のメッセージは流れません。

たとえばandroidの電話アプリを使って、電話番号をブロックされている場合は、「お出になりません」とメッセージが数回流れたのち、ツーツーという電子音に変わります。

キャリアのサービスを使って着信拒否をしている場合は、キャリア別にメッセージが用意されているので、くわしくはdocomoやauなどの公式ホームページで問い合わせるか、仕様書を調べてみてください。

どのキャリアでも、「おつなぎできません」という文言がメッセージに入ってることが多いです。

ただ今電話に出ることができませんまとめ

ここまでご紹介してきた内容をまとめてみます。

  • コールなしで「ただ今電話に出ることができません」が流れるのは、相手の電話が電源が切れている状態か、圏外であるケース
  • コールのあと「ただ今電話に出ることができません」が流れるのは、相手の電話が途中で電源が切れたり、途中で圏外になったケース
  • 「ただ今電話に出ることができません」のメッセージが流れたときは、相手に履歴が残るケースが多い
  • 「ただ今電話に出ることができません」のメッセージは、着信拒否ではない
  • 着信拒否されているときのメッセージは、スマホ別、キャリヤ別に少しずつ異なる

「ただ今電話に出ることができません」のメッセージは、タイミングが悪くて繋がらなかったということです。

相手に履歴が残れば折り返し連絡をくれるかもしれませんし、こちらから改めてかけ直してみても良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次