Amazonでコンビニ支払いが選択できないのはなぜ?対処法や商品の見分け方を解説


Amazonでコンビニ支払いが選択できない原因は、コンビニ支払い対象外の商品を選んでしまったか、予約受付中の商品を選んでしまったことです。

Amazonが取り扱う商品には、Amazonが発送を行う商品と、その他の出品者が発送を行う商品とがあって、Amazon以外の出品者が発送を行う商品は、コンビニ支払いが選択できない可能性が大きいです。

また、予約受付中の商品は、支払い方法に制限があって、コンビニ支払いを選択できません。

この記事ではamazonでコンビニ支払いが選択できない理由を詳しくご説明した上で、コンビニ支払いが選択できないときの対処法などをご紹介します。

コンビニ支払いを選んだ場合は、発送が遅くなるケースもあります。それについてはこちらの記事で

目次

Amazonでコンビニ支払いが選択できないのはなぜ?

Amazonでコンビニ支払いが選択できないのはなぜ?

Amazonでコンビニ支払いが選択できないのはなぜなのか、以下のように、いくつか理由が考えられます。

  • コンビニ支払いは対象外になっている商品を購入した
  • 予約受付中の商品は支払い方法に制限がある

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

コンビニ支払いは対象外になっている商品を購入した

コンビニ支払い含む「前払い」が利用できない商品、というものがAmazonにはあります。

「前払い」を利用できない商品をカートに入れて購入に進もうとすると、支払い方法を選択する場面で、コンビニ支払いを選択することができないのです。

複数の商品をまとめてカートに入れて購入に進む場合は、その中の一つでも、「前払い」を利用できない商品が含まれていれば、コンビニ支払いを選択することはできません

amazon公式サイトのヘルプ&カスタマーサービスによると、前払いを選択できない商品は以下のように定義されています。

  • Amazonマーケットプレイス出品者が販売および発送する一部の商品
  • お急ぎ便やお届け日時指定便利用のご注文
  • Amazon定期おトク便のご注文
  • Amazonフレッシュでのご注文
  • 支払い方法に制限を設けている商品
  • Amazon.co.jpギフトカード(チャージタイプ以外)
  • Amazonコイン
  • デジタルコンテンツ(Kindle電子書籍、デジタルミュージック、Androidアプリやアプリ内課金アイテム、Amazon Prime Video、ならびにデジタルゲームやダウンロードソフトウェアなど)
  • 合計金額が500,001円以上のご注文
  • 高額な時計
  • ご登録の住所に送付されるほしい物リストの商品

引用:Amazon

予約受付中の商品は支払い方法に制限がある

Amazonでは、これから発売される予定の商品も、購入することができます。

予約受付中、と表示されていて、カートに入れることも購入手続きもできますが、コンビニ支払いができません。

買いたいと思っている予約受付中の商品が、どんな支払い方法なら利用できるのかは、実際にカートに入れて購入画面に進んだ時に、支払方法の選択画面で確認できます。

Amazonでコンビニ支払いが選択できない商品の見分け方

Amazonでコンビニ支払いが選択できない商品について、ご紹介してきましたが、購入画面に進む前、どの商品がコンビニ支払いOKなのか、わかればいいですよね。

Amzonの商品は3パターンあります。

  • Amazonが販売・発送を行うものと
  • その他の出品者が販売しAmazonが発送を行うもの
  • その他の出品者が販売・発送を行うもの

まず、Amazonが販売・発送を行う商品であれば、ほぼ間違いなくコンビニ支払いを選択できます。

次の画像の商品が、Amazonが販売・発送を行う商品です。

商品の表示で、「発送元 Amazon.co.jp」「販売元 Amazon.co.jp」となっています。

その他の出品者が販売していても、Amazonが発送を行う商品も、コンビニ支払いを選択できる可能性は高いです。

下記の商品の表示が、「出荷元 Amazon」となっているのを見てください。

下の商品が、販売も発送も、その他の出品者が行う商品で、コンビニ支払いを選択できるかどうかは、実際に購入画面に進んでみなければわかりません。

Amazonでコンビニ支払いできない時の対処法

Amazonでコンビニ支払いできない時の対処法

Amazonでコンビニ払いができなくて、クレジットカードは使いたくない、という場合に、どんな支払い方法があるのか、見てみましょう。

  • デビットカード
  • Amazonギフト券
  • 代金引換

この三つの支払い方法について、もう少し詳しくご紹介します。

デビットカード

デビットカードは、クレジットカードが代金の引き落としが後になる後払いであるのに対して、使ったときに口座から引き落とされるカードです。

使うときに口座に残高がないと支払いができないので、使い過ぎを防ぐことができ、中学生を除く15歳から持つことができます。

Amazonでは、デビットカードが、クレジットカードと同じように、店頭でもWebサイトでも使用可能です。

Amazonギフト券

Amazonギフト券は、Amazonでのみ使える専用のギフト券です。

あらかじめギフト券にチャージしておけば、いつでも利用できますし、現金を持ち歩く必要もありません。

いつでも購入するその場で決済できて、便利です。

Amazonギフト券にも有効期限はありますが、発行日から10年間なので慌てなくてすみますね。

代金引換

最後に頼りになるのは現金だと、代金引換を指定することもできます。

支払い期限が来る前にコンビニに行って支払ってこなきゃ、と焦る心配はないですが、代引き手数料がかかります。

一つの商品につき330円が発生し、まとめて複数個が発送されても、商品の数だけ代引き手数料が必要です。

Amazonでコンビニ支払いが選択できないまとめ

Amazonでコンビニ支払いが選択できない理由は、支払い方法に制限のある予約受付中の商品を選んでしまったか、コンビニ支払いが対象外になっている商品を選んでしまったか、です。

amazon以外の出品者が発送を行う商品は、コンビニ支払いが選択できない可能性が大きいので、商品を選ぶときに注意しましょう。

クレジットカードを使いたくない人は、コンビニ支払いが選択できなくても、デビットカードやamazonギフト券を使えば支払いができます。

自分のやり方にあった支払い方法を選んで、amazonショッピングを楽しみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次