「通話中または通信中」コールなしは着信拒否?ずっと話し中のときはどうする


電話を誰かにかけたとき、iPhoneの表示が「通話中または通信中」と表示されたときは着信拒否をされている可能性があります。

ただ絶対に着信拒否をされているわけではなく、本当に通話中であったりおやすみモードを使用しているかもしれません。

電話が通じなくて相手に「着信拒否されているかも?」と考えると不安ですよね。

今回の記事では「通話中または通信中」の表示がでるおやすみモードについてもご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

目次

「通話中または通信中」コールなしだと着信拒否されてる?

「通話中または通信中」コールなしだと着信拒否されてる?

iPhoneから電話をかけたとき「通話中または通信中」と表示されたとき、コール音が鳴らなければ着信拒否されている可能性があります。

ただ「コール音が鳴らない=着信拒否をされている」というわけではありません。

あくまで可能性というだけで絶対に着信拒否されているということではないわけです。

相手側が本当にリアルタイムで通話中である可能性もあるので、安心してください。

何度かかけなおして電話が繋がれば着信拒否はされていないことになります。

通話中または通話中になる設定「おやすみモード」にするとどうなる

「おやすみモード」とはiPhone・androidに備え付けられている通信や通知を制限する機能のことを言います。

この「おやすみモード」にすると設定した時間は着信や通知音が鳴らないようになります。

夜はゆっくり寝たいのに通知音などで起こされてしまうときありますよね。

そんな風に起こされるのが嫌な人におすすめな機能がこちらの「おやすみモード」です。

こちらの機能を使えば着信音はもちろんバイブ音も鳴らず、画面の点灯もしないためスマホに届いた一切の通知を気にせず睡眠をとることができます。

おやすみモードの設定の仕方をご紹介します。

STEP
iPhoneの「設定」を開き、「集中モード」をタップする
STEP
「おやすみモード」をタップする
STEP
おやすみモードのカスタマイズが可能となる

スケジュールを曜日や時間帯など細かく設定することが可能になります。

また特定の人物からの着信は鳴るように設定したり、2回以上の着信がある場合は2回目以降の着信は鳴るように設定することが可能です。

こちらの方法でおやすみモードの詳細を自分好みにカスタマイズすることが可能です。

また、手動でおやすみモードに設定する場合は、画面の右上から下方にスライドし開いたツール画面からも設定することが可能です。

通話中でも相手に履歴は残る?

電話をかけた相手が通話中であれば着信履歴は残りません。

ただ着信履歴が残らないのは、電話を受ける人の携帯電話の「割り込み設定」がオフになっている場合です。

iPhoneには通話中に電話がかかってきたときに割り込みで電話が取れる機能がありますが、この機能は自分でオン・オフを選ぶことができます。

「割り込み設定」がオフになっている相手に通話中電話をかけると、「ツーツーツー」という話中音が流れます。

そのときは相手が他の誰かと電話しているということなので、相手の携帯にはあなたの電話番号は表示されていません。

相手が通話中に着信履歴が残るかどうかは、相手の携帯電話の設定によるというわけです。

固定電話がずっと話し中でつながらないときはどうする

特定の固定電話に電話をかけたとき、ずっと通話中で繋がらない場合の対処法は以下の通りです。

  • ある程度の時間を置いて再度かけなおす
  • NTT提供の「話し中調べサービス」を活用する

それぞれご紹介します。

ある程度の時間を置いて再度かけなおす

相手の回線が通話中の可能性があります。

時間を置いて再度かけなおすとつながる可能性があるので、一度トライしてみてください。

NTT提供の「話し中調べサービス」を活用する

NTTの回線を利用している固定電話は、相手の電話回線が現在通話中かどうかを調べることができます。

通話中ではないが受話器がきちんと置かれていない場合は、こちらのサービスで相手に知らせることも可能です。

このサービスはNTTの回線から「114番」にかけると利用を開始します。

「114番」にかけた後はアナウンスに沿って入力を進めてくださいね。

ただこちらのサービスは自分の回線、相手の回線ともにNTT回線を使用していることが必須になります。

相手がNTTの回線を使用していなければ、利用できないサービスですので注意が必要です。

ちなみにご自身の回線がNTTの回線を使っていないときにこのサービスを使いたいときは、公衆電話からかけると使用することができますよ。

「通話中または通信中」コールなしは着信拒否?まとめ

今回の記事では「通話中または通信中」と表示されたときにコール音がなかった時は着信拒否をされているかどうかをご紹介しました。

結論として「コール音がない=着信拒否をされている」というわけではありませんが、着信拒否をされている可能性がゼロではありません。

決まった時間にいつも電話が通じない場合は、相手が「おやすみモード」を使用している可能性があります。

時間を変えて電話をかけてみてくださいね。

また電話を掛けたときに「ツーツーツー」という話中音が流れたときは、相手に着信履歴が残りません。

折り返し電話が欲しいときは、メールなどの別の手段を使用するのもいいかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次