youtubeのキャッシュ削除して容量を減らす!iphone・Androidでのやり方を解説


スマートフォンのストレージを確認したら、youtubeの容量が圧迫している…こんなとき困ってしまいますよね。

youtubeの容量を減らすことができれば、スマートフォンのストレージにも余裕がもてると思います。

youtubeアプリの容量を減らすためには、キャッシュを削除することが必要です。

キャッシュを削除することで、ページの読み込みが遅いなどの問題も解決するかもしれません。

そこで今回は、youtubeアプリのキャッシュ削除についてiPhoneとAndroidそれぞれのやり方を紹介していきます。

目次

youtubeのキャッシュ削除方法(iphone)

youtubeのキャッシュ削除方法は、使っているスマートフォンがiPhoneかAndroidかによってそれぞれ異なります。

まずiPhoneのキャッシュ削除方法は、youtubeアプリをアンインストールするというものです。

Googleアカウントにログインしてyoutubeをみている場合には、メールアドレスとパスワードをあらかじめ控えるようにしてください。

アンインストールのやり方は、iPhoneのホーム画面上でyoutubeアプリのアイコンを長押しします。

すると下記スクリーンショットのようなポップアップが出てくるので、「アプリを削除」をつづけてタップします。

ここまででyoutubeアプリのアンインストールは完了です。

アンインストールが完了したら、iPhoneの純正アプリApp Storeからyoutubeをあらためてインストールしましょう。

ここでyoutubeにログインするときにGoogleアカウントのメールアドレスとパスワードが必要になります。

アカウントにログインしたら、これまで通りyoutubeを使えるようになっていますよ。

ストレージの容量も減っていると思うので、設定アプリから確認してみてください。

youtubeのキャッシュ削除方法(Android)

つづいてAndroidのキャッシュ削除方法について説明します。

Androidのキャッシュ削除方法は、スマートフォンの設定アプリから行うというものです。

まず、設定から「アプリ」をタップ。

「アプリ」の項目ではインストールしたアプリがアルファベット順に並んでいるので、ここからyoutubeを選択しましょう。

youtubeの画面から「ストレージ」を開いて、「キャッシュ削除」のボタンをタップ。

このボタンがグレー表示となりもう一度タップできなくなっていれば、キャッシュ削除完了です。

キャッシュ量の表示も「0B」になっていると思います。

youtubeの容量が大きくなる原因は?

では、youtubeの容量が大きくなる原因はなんなのでしょうか。

youtubeはわたしたちがみている動画やページのデータをキャッシュとして保存しています。

このキャッシュ保存を行うことで、一度アクセスしたページを早く読み込むことができるようになっているのです。

快適にインターネットを使うためには、キャッシュ保存は必要な機能というわけですね。

ただ、日々動画をみていると保存したキャッシュが溜まってしまい、youtubeの容量が大きくなってしまいます。

そのため、キャッシュ削除の必要が出てくるということです。

アプリは入れずにブラウザで見ると、その分スマホの容量は空きますね。

youtubeのキャッシュ削除にデメリットはある?

このようにインターネットを使う上でキャッシュ機能は欠かせないものですが、キャッシュを削除することへのデメリットはないのでしょうか。

結論として大きなデメリットはありませんが、考えられるものを下記にまとめてみました。

  • ページの読み込みが遅くなる
  • データ通信量が増える
  • アカウントへの再ログインが必要

ページの読み込みが遅くなる

これはキャッシュを削除したことで一からデータを取得しなければならないことから、ページの読み込みに時間がかかるというものです。

あらためてキャッシュを保存し直さなければならないということで、動画などコンテンツのダウンロードに時間がかかるということですね。

ただ一度キャッシュを保存してしまえば次回からはすぐにページを読み込めるので、そこまで苦にはならないかもしれません。

普段youtubeで動画をみているときも、あたらしくアップロードされた動画をみることが多いと思います。

通常の通信環境であれば、体感では感じない程度の遅さでした。

データ通信量が増える

あらためてデータをダウンロードし直さないといけないということは、データの通信量も増えるということです。

これまではキャッシュとして保存していたので、動画などの大きなデータも読み込む必要がなかったというわけですね。

モバイルデータ通信を使っている場合には、これは少なからずダメージになるかもしれません。

反対に自宅にWi-Fiがあるなどの場合には、特別気にする必要もなさそうです。

キャッシュを削除したあとは一度自宅で動画をみてから出かけるようにするなど、工夫してみるのもよいかもしれませんね。

アカウントへの再ログインが必要

これはiPhoneユーザーに限りますが、Googleアカウントにログインしてyoutubeをみている場合に考えられるデメリットです。

アカウントのメールアドレスとパスワードを控えておけば、問題ないと思います。

一度ログアウトしても、これまでにみた動画のデータやコメントなどが消えてしまうことはないので安心です。

パスワードを忘れてしまったなどの場合に備えて、Googleアカウントに再設定用のメールアドレスや電話番号を登録しておきましょう。

youtubeのキャッシュ削除して容量を減らす!まとめ

今回の記事では、youtubeのキャッシュ削除方法について紹介しました。

  • youtubeのキャッシュ削除方法は、iPhoneとAndroidそれぞれ異なる
  • youtubeの容量が大きくなる原因は、キャッシュの保存による
  • キャッシュ保存のデメリットは、工夫することで補える

スマートフォンの容量には限りがあるので、youtubeのような大きなデータのものが圧迫しているともったいないなと感じてしまいます。

動画をたのしむためにyoutubeは必須のアプリだと思うので、ぜひ今回お話ししたキャッシュ削除を検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次