iphoneボイスメモ1時間以上だと容量は?連続録音時間は最大何時間なのか


iPhoneのボイスメモで録音した1時間の容量は約30MBで、それ以上は時間に応じて倍々で増えていきます。

ボイスメモはiPhoneの内蔵マイクを使って周囲の音を録音し、ファイルとして保存・編集できるアプリです。

これを使えば、会議や出先での打ち合わせのためにICレコーダーを用意する必要がなくなって便利ですよね。

でも、ボイスメモで連続で録音できる最大の時間を知っておかないと、大事なところで録音が止まってしまいますよ。

また、iPhoneの他のアプリの影響を受けて録音が止まることもあるので、注意する必要があります。

この記事でボイスメモ1時間以上録音した容量や録音時間の上限などについて解説するので、ぜひお読みください。

目次

iphoneボイスメモ1時間以上だと容量は?

iPhoneボイスメモで1時間以上録音した場合の容量は30MB以上になります。

解像度によりますが、iPhoneで撮った写真のサイズは2~3MB/枚です。

なので、ボイスメモ1時間=写真10枚くらいと理解すれば大体合ってるでしょう。

なお、ボイスメモで録音したファイルのサイズは、右側の三点リーダー「…」アイコンをタップすれば表示されます。

実際に時間を変えて録音して、ファイルサイズを調べた結果を下の表にまとめたので参考にしてください。

2時間で約60MB、3時間だと約90MB…という感じで、時間に応じてほぼ倍々で増えていってますね。

録音時間サイズ
10分5.1MB
30分15.3MB
1時間30.6MB
2時間61.5MB
3時間91.9MB
表 ボイスメモ録音時間ごとのサイズ

iphoneボイスメモの連続録音時間の最大は?上限はあるのか

iPhoneボイスメモのアプリ自体には、連続録音時間の最大値という制限はありません

ただし、iPhoneのストレージ容量を超えて録音することはできないので、ストレージ容量が実際の上限になります。

ストレージ容量は 設定 > 一般 > iPhoneストレージ から確認してくださいね。

1GBは1000MBなので、1GBはボイスメモ30時間くらいに相当します。

下の写真の例だと、10GB以上空いてるので300時間は録音できる計算になりますね。

ボイスメモの録音が途中で止まる原因

ボイスメモの録音が途中で止まってしまう原因として、以下のものが考えられます。

  • 他のアプリでマイクを使用
  • 他のアプリで動画、音声を再生
  • iPhoneの電源をオフにした

ひとつずつ見ていきましょう。

他のアプリでマイクを使用

ボイスメモはiPhoneの内蔵マイクを使用して録音するので、マイクの制御が他のアプリに渡ると録音を止めます。

典型的なのは、「電話の着信がありそれに応じた場合」ですね。

電話に出るとマイクの制御が電話アプリに移ってしまうため、ボイスメモは録音を中断します。

なお、iOS15以降の仕様では、着信があっても電話に出なかったり着信を拒否した場合は録音は中断されません

電話をとって録音を中断させないための対策として、「機内モード」にセットして着信自体を防ぐ方法があります。

設定画面で「機内モード」のトグルスイッチをタップしてオンにしましょう。

マイク制御が移る他ケースとして、他のアプリで録音や録画を始めた場合にもボイスメモの録音が中断されます。

他のアプリで動画、音声を再生

動画や音声ファイルなど、「音がでる可能性のあるもの」を再生するとボイスメモの録音は原則的に中断されます。

具体的にはYouTubeやニコニコ動画での動画再生、ミュージックアプリでの音楽再生などですね。

iPhoneを消音モードにしたり、音量をゼロにしてもボイスメモの録音は中断されました。

あとは時計アプリのアラームを鳴らした場合もボイスメモの録音は止まってしまうので注意してください。

例外として、Instagramの動画再生、X(旧Twitter)でミュートにセットしての動画再生は録音中断されませんでした

iPhoneの電源をオフにした

iPhoneを電源オフにするとボイスメモ自体の動作が止まってしまうため、録音も中断されるので注意しましょう。

ただし、電源がオフになるまで録音した分はファイルとして保存されます。

バッテリーが充電切れになったらどうなる

バッテリーが充電切れになった場合は、ボイスメモの録音は止まります

上で述べた、意図的に電源オフにした場合と同じですね。

この場合も、充電切れで電源オフになるまでに録音された分のデータはファイルとして保存されますよ。

iphoneボイスメモ1時間以上まとめ

iPhoneのボイスメモで1時間以上録音した場合の容量、録音が止まるケースなどについて紹介してきました。

最後にポイントをまとめますね。

  • ボイスメモ1時間の容量は30MB、30時間で1GB
  • ボイスメモはストレージ容量の上限を超えない範囲で録音が可能
  • 他アプリのマイクやスピーカーの使用で録音が止まる
  • バッテリーの充電が切れたら、そこまで録音した分を保存して止まる

会議の大事なとこで録音漏れ…なんて事にならないよう、注意しながらボイスメモを活用していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次